シンガポールのビジネスホテル Hotel Boss・ホテル ボス

撮影日:2018年2月7~8日、3月26~27日

シンガポールのホテル★最大70%OFF!直前割引エクスペディア

高層ビルのビジネスホテル

ここ数年にできたホテルらしく、交差点の角にデカデカと建っています。前はタクシードライバーの知名度もそうでもなかったそうですが最近は改善されて普通に行ってくれます。

中心地からはまぁまぁ近い

中心地までタクシーを使って5分程度でした。マリーナベイサンズへは空いていればほぼ初乗り料金に毛が生えた程度で向かうことも出来ます。

MRTの場合は行こうと思えば行けるけど少し遠い

East West Line Lavender駅 (EW11)

MRT Lavender駅 から徒歩500m程度にあります。ほぼ年中真夏のシンガポールでは歩くのはちょっとダルいかも。

ホテルの道路の向かい側の歩道を駅側に向かうだけですが500mある。

一応、MRTの駅の出入り口はこんな感じ。

Google mapにあった部屋の写真、Google mapのレビューで日本語が通じないとか書いてる人が居ますが、日本語通じないのが普通ですから。

価格

私はExpediaで予約しました。他にも以前にキャセイパシフィック航空の香港経由でシンガポールに行った際にもキャセイパシフィック公式のホテル+航空券でこのホテルを選択しました。

1泊だいたい1万円前後

試しに2019年3月の土日と仮定した場合でも約1万円前後、平日も大体こんな感じで安定的な値段でした。

私が予約した際の値段

2018年3月26~27日で1泊したらこんな感じでした。この際は一部屋2名利用でした。Expedia等の予約サイトやキャセイパシフィック公式のホテル+航空券でも日によって違う事もありますが、予約することも出来ました。

シンガポールのホテル★最大70%OFF!直前割引エクスペディア

部屋

今回私が泊まった際はブログを書く前提で行ってないのすいませんがあまり画像は無いです。そもそも使い方としてはただ寝るだけで使ったのでこうなりました。

少し狭いとの意見も多いようですが、日本の都内にある様なビジネスホテルの狭さよりは全然良いです。水のボトルが2本用意されていました。あとシャワーのみでトイレと同室でした。テレビはYouTubeに直接繋がりテレビで見ることができます。Wi-Fiもあります。

ダブルベッド

1名利用時に使った時のダブルベッドはこんな感じ。設備自体は普通にきれいでした。

ツインベッド

2名利用時のツインベッド(シングル2台)こうなると幅がきついとか思うかもしれないが、普通に寝る分には問題なし。

カードキー

カードキーはこんな感じ。ロビーの受付がA、Bの2か所あるようで今回はBで受付したのでBに囲ってあります。客層は中華系の人が多めで、私が行った際は日本人は一人も見かけませんでした。

プール、ジムあり

寝るだけで使ったので行きませんでしたがプールとジムもあります。

下の階にはフードコートやレストランあり

下の階には24時間営業のフードコートにシンガポール名物バクテーのレストランもあります。今回はバクテーのレストランに夜食として行きました。

Hotel Boss 場所

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *