JL38 シンガポール→羽田 JAL 日本航空 ビジネスクラス /SIN→HND

撮影日:2018年3月28日

  • 便名:JL38
  • 航空会社:日本航空 JAL Japan Airlines
  • アライアンス:ワンワールド
  • 出発地―行き先:シンガポール―東京/羽田
  • 現地出発時刻:シンガポール1:50
  • 現地到着時刻:東京/羽田9:50
  • 飛行時間:7時間
  • 搭乗クラス:ビジネスクラス
  • 使用機材:Boeing B777-200

JL38 機材:B777-200

シンガポール1:50発、東京/羽田 日本時間9:50着、飛行時間は7時間

帰りも深夜便です。でもほぼ2時出発なので0時発の羽田発の行きよりはこの帰りの方が寝やすいと思います。ビジネスクラスの客層は深夜便だからかビジネス客っぽいのが多く、食事も希望せずに離陸から着陸前まで寝る人もいます。


ビジネスクラス JAL SKY SUITE Ⅲ

いつものやつです。実はこの便は約2か月後の5月末にも乗ったのです…。

今回も離陸前にCAさんから朝食は要りますか、提供する場合は起こしてもいいか、和食・洋食どちらと聞かれますので答えましょう。自分は和食で食べるよと言っておきました。

参考資料:JAL SKY SUITE Ⅲ

離陸したら夜間の離着陸の暗い照明のまま巡行飛行となっていて寝る人も多かったです。自分も液晶ディスプレイの映画や番組も見ずに、シートをフルフラットにして寝ていました。もともと深夜便はそういう思想で出来ていると思います。

寝ていたら気が付いたらもう朝になっていました。

そろそろ朝食の提供が始まります。

アミューズ

朝から酒はきつかったので普通にジュースにしました。

エビチリと白菜の漬物みたいなものでした。

機内食(朝食)和食

朝食や夜食系の機内食はビジネスクラスであっても基本的にはこのような定食型になると思います。これはキャセイパシフィックの深夜便でも同じような感じで、普通の時間帯である夜便や昼便であれば前菜からメイン、デザートなどとコース形式になっていると思います。

あんかけに入った鮭です。皮まで食べました。他にほうれん草、タケノコ、星形のニンジン、ナスが入っている。

上の方にあるのはフルーツです。一瞬刺身にも見えましたがフルーツです。漬物、ほうれん草のお浸し、真ん中は沖縄にあるようなジーマミー豆腐みたいな感じの豆腐でした。他にみそ汁、ご飯もついてます。

朝食を食べ終わったころには天候にも恵まれたのか富士山も見えてきました。丁度雪もかかっていてやっぱり富士山は美しいです。

到着

行きの便よりは時間帯もさらに遅い深夜なので寝やすいと思います。

飛行時間は7時間なので本当に寝るだけで使うのもありです。シートもフルフラットになるので寝ていれば到着してしまいます。忙しい人には最適だと思います。お食事などを楽しみたいのであれば昼便か夜便に乗りましょう。他には先月やったようなキャセイパシフィックの香港経由でシンガポールへ行く手法もあります。ラウンジとか機内食とかをさらに楽しむのであればそちらの方が良いでしょう。

マイル消化の特典航空券で行ったので良かったのですが、3月末というのは年度末、学生の春休み末だからなのか航空券は高い傾向にありました。なので先得とかそういうのも活用しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *