JL35 羽田→シンガポール JAL 日本航空 ビジネスクラス・ラウンジ/HND→SIN(2回目)

撮影日:2018年5月18~19日

  • 便名:JL35
  • 航空会社:日本航空 JAL Japan Airlines
  • アライアンス:ワンワールド
  • 出発地―行き先:東京/羽田―シンガポール
  • 現地出発時刻:東京/羽田0:05
  • 現地到着時刻:シンガポール6:15
  • 飛行時間:7時間10分
  • 搭乗クラス:ビジネスクラス
  • 使用機材:Boeing B777-200

サクララウンジ

約2か月前にも行きました。その時は3月末で年度末だったからなのか結構混んでました。今回は全然空いております。私は充電できるのでいつもこういうカウンター座席を好んで使います。

ラウンジ飯

はい、いつものカレーをです。こういうラウンジのカレーは肉がうまいのですが、取るときに肉は底の方に沈んでいるので底から根こそぎ取る感じが良いでしょう。

シュウマイ、餃子、唐揚げ、これもラウンジの定番

うどんもありました。山菜うどんにできて具材は自由に取ることができるので多めに盛り付けました。山菜は結構好きです。

シャワールーム

シャワー浴びました。混んでなかったのですぐに入れました。

この写真も2か月前に行った時と同じような写真になってしまう。

洗面所のは歯ブラシもあるので使うのもありだし、持っていくのもありです。まぁビジネスクラスであれば機内にも歯ブラシはあるので歯磨きは機内でもできます、

前回ではシャワーらへんは撮ってなかったので今回は撮ってみました。シャワーは天井にも固定されたシャワーがあって2つあります。

良いホテルによくありそうな天井から出るシャワー、蛇口をひねって切り替えることができます。

これ浴びるときにどっちが最初に出るのか不安になる時ありますよね。あと中間のパイプに水が入っているので切り替えたばっかりは冷たい水が少し出てくる可能性があるので気を付けましょう。

シャンプー、リンス、ボディーソープが備え付けてあります。

サクララウンジスカイビュー

21時になりましたのでリニューアルされたサクララウンジスカイビューの方へ移動しました。2か月前も同じようなことをしていました。

ここのスカイビューの方は夜は21時~翌2時45分まで、昼は6時~12時半で午前中はやってますが午後から夜21時までは閉まっているので気を付けましょう。このラウンジは結構広くてラウンジ料理も変わらず置いてあるので、後々利用客増加などによっては変わる可能性もあるかもしれません。

前回約2か月前にも出しましたがその時はスカイビューの展望席みたいなところを出しましたが今回はダイニングルーム側のカウンター座席の方を使いました。

JL35 搭乗 使用機材:B777-200

便名、座席、使用機材、前回と同じです。

羽田0:05発、シンガポール現地時間6:15着、飛行時間は7時間10分

今回は結構空いてました。ビジネスクラスだと4分の1くらいしか埋まっていなく、ビジネスクラスの後ろのプレミアムエコノミーでも何人かしか居なかったのでこんなので本当に採算取れるのか不安になってしまいます。

前回と同じSKY SUITE Ⅲです。フルフラットになります。

ビジネスクラス JAL SKY SUITE Ⅲ

参考資料: JAL SKY SUITE Ⅲ

今回の座席は9Aになります。スーツケースは持ち込みできるサイズのものです。上の収納スペースに入れます。枕、アメニティ、スリッパ、ヘッドホンが座席の上に置いてあります。

出発前にペットボトルのミネラルウォーターが支給されます。キャセイパシフィックとかでは深夜便でもウェルカムドリンクでシャンパンとかキウイフルーツスムージーとか用意されますがJALでは多分寝る人を考慮してこうなっているのかもしれないです。CAさんに朝食は食べますかと言われますので着陸手前まで寝たい人は無しで、食べる人は食べますと答えましょう。

離陸したら東京湾上空を旋回して上昇していきました。

アミューズ

お皿が少し違うだけで内容自体は2か月前に乗ったのと大体一緒です。

おつまみのあられはここでは食べずに持ち帰りました。

飛行時間が7時間程度しかないので早々と寝るかどうかが難しいです。2か月前に行ったときはだらだらとアメトークとか見てて到着したら睡眠不足が現れたので、とりあえずシャンパンとかの酒飲んでさっさと寝ようという事で、食べて飲んだらすぐに機内で歯磨きしてすぐ寝ました。

機内食(朝食)洋食

今回はすぐに寝たのでいい感じに起きることができました。

びっくりするくらい前回と同じで笑う。この深夜便でよく往復してそうなビジネス客とかは食事も無しにして大人しく着陸前まで寝る人が多かった理由もわかる気もする。

白いのはヨーグルト、サラダにローストビーフです。

キッシュロレーヌです。

食後に紅茶をいただきました。

到着

寝ていれば約5千キロ先のシンガポールに到着するので、時間の使い方としては良い便だと思います。

前回も書きましたが、食事やラウンジを楽しみたいのであれば昼便か夕方便で。

寝る時間もなくして食事やラウンジをもっと楽しみたいのであればキャセイパシフィックの香港経由のビジネスクラスが良いでしょう。

到着したらシンガポールは30℃くらいあるので温度差に気を付けましょう。到着した直後は慣れるまで結構きついです。寝不足で到着したらシンガポールの暑さにやられますのでやっぱり機内でちゃんと寝た方が良いです。

6時15分到着なので空港から市街地までの地下鉄MRTは動いていると思いますが、タクシーも初乗り運賃が安く、降りた駅からホテルまで行くのが複雑とかそういった場合は早朝は道路も空いているのでタクシーを使うのもありです。

MRTを使う場合は空港駅はターミナル2なので違うターミナルに到着した際はターミナル2まで移動しましょう。案内板を見ていればすぐわかると思いますがターミナル間だけを移動する「スカイトレイン」日本のゆりかもめみたいな物が無料で走っているのでそれで移動できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *