リッツカールトン シンガポール コロニービュッフェはカニ、エビ、牡蠣他 多国籍な料理が食べ放題!

撮影日:2018年2月7日

リッツカールトンのビュッフェ

リッツカールトン シンガポール のビュッフェは朝は朝食として、ランチ、ディナーもやってます。今回はディナーで行きました。

料金に関して

ディナー料金は、日曜日から木曜日までは大人 78 SGD、金曜、土曜日が 88 SGDで、私が行った日は水曜日だったので 78 SGDです。日本円で6500円程度。

香港経由のキャセイパシフィック航空の朝便で早朝に到着したので時間つぶしに24時間やってるマリーナベイサンズのカジノに行って80 SGDほど勝ったのでこのレストランで使いました。

サラダ

新鮮なサラダが数多く並んでおります。

海鮮系 カニやエビ、牡蠣が食べ放題

自分の目的はこれ。カニ、エビ、ムール貝、牡蠣などが食べ放題。ここはやはり人気らしく特にカニはすぐ無くなってしまいます。

後ろの方では料理人が牡蠣を開いてくれています。

ここは結構写真とかも撮る人は多いです。やっぱりこれが一番の見どころか

しばらくしたらカニが補充されました。牡蠣は木箱に入ってます。いくつか牡蠣の種類があって食べ比べができます。レモンもおいてある。

刺身・寿司

日本人にとっては嬉しい刺身と寿司、刺身ははまち、サーモン、まぐろ。ここも日本人以外にも結構みんな食べます。ガリや漬物も置いてあります。もちろん、醤油とワサビもあります。

ローストビーフ

ローストビーフは目の前で肉の塊を切っています。

切ったものが手前に出てくるのでそれを好きなだけ取るスタイル

中華ダック・焼豚

北京ダックのような吊るしてあるダックや豚もあります。


これは中華街によくある光景

インド料理や他多国籍な料理

他にもシンガポールらしく多国籍な料理が味わえます。カレーなどをはじめインド料理、アラブっぽい料理もあります。

これだけあるとさすがに全部に手を付けることは難しい。

インドのカレーは分かるけど、他は良く分からない料理がたくさん置いてある。

カレーで使うようなナンみたいなものもありました。

天心

こちらは蒸し器が置いてあるのですぐわかります。調味料もたくさん。

蒸して保温してあります。熱々です。

おそらく肉まん。

肉まんかもしれないが、こういう天心でよくあるのは中は何も入ってない肉まんみたいなものかもしれない。

蒸した餃子、日本だと焼く餃子が多くて蒸した餃子はあまり見かけない。

火鍋

中華式の鍋みたいな感じ。具材を様々選べる模様

調味料、ネギや辛そうな物まで様々。

チーズ

カマンベールチーズや他の種類も置いてある。

飛行機のビジネスクラスで出てきそうなチーズがいっぱい置いてある。

ベーコン・ハム

チーズと合いそう。朝食っぽさがある。

フルーツジュース

ジュースは様々種類がありました。


個人的にはジュースはもう少し冷えてほしかった。

フルーツ

ブドウ、メロン、スイカ、マンゴーみたいなものも置いてある。

パン・ドーナツ

さすがにパンまで食べる余裕はありませんでしたが美味しいらしいです。

バターも美味しそう。

ケーキ

ケーキは丸ごと切れ目があって置いてあります。

デザート

小さなデザートがきれいに整列してありました。

ペロッといけます。

チョコやお菓子

さすがにここまで食べる余裕はありませんでしたが、お菓子やチョコもたくさん置いてあります。

取り放題

こんな感じに自分で盛り付けていつものビュッフェスタイルです。リッツカールトンだからとはいえそこまでかしこまった感はなく、カジュアルです。

この様に大量にカニやら牡蠣を持って行く人も結構周りにもいました。

こんなに生の牡蠣を食べることができるのは幸せ。さすがリッツカールトン今回は私の場合は牡蠣で当たりませんでした。皆さんは自己責任で。

後食べきれる量だけ取りましょうね~

刺身もうまいです。割り箸もありました。ちゃんとワサビ醤油、ガリなど用意していると日本人であることがバレます。

結構混む可能性があるので、一応、JCBとかJTBとかネットで予約していった方が良いかもしれません。

リッツカールトン ビュッフェ コロニーの場所

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *